オンライン 仲間達 ダブリン
85年夏
  • 

        1985年ダブリン初夏 

    パリ滞在の年月も4年になろうとする頃、生活は完璧にローカル化。 友達や彼女達と毎日楽しく過ごしてました。 夜の盛り場のレストランやバー映画など何処行っても知り合いばかり。 特にバイトしてたSNCFサンラザール駅周辺はもう自分の地元の様な物。 カフェやレストラン、中華料理の店員、ホテルのピアノバーそしてsexshopの人達も全員お互い名前知ってる仲間同士。 

    フランス語なら普通はあまり知らない人や目上の人と話す時には第二人称はvousで相手を呼びます。友達とかはtu。 勿論そこら辺の仲間たちはtuで呼び合います。 

    自分の存在は普通にその町の光景の一部に成ってました。 カフェで冬はビールだと寒いからビールと一緒にカルバドスを飲みます。 リンゴのブランデーです。 カウンターでビールのグラスかジョッキーの隣に小さなカルバドスのショットグラス、ビールと一緒に飲めば当たり前ですが酔います。 そしてカウンターの上のビールとカルバドスのグラスが独特の大人の雰囲気を作り出しもっと酔うわけです。 

    楽しく面白おかしく過ごしながらも自分の心には不満と不安。 これでは東京に居るのと何も変わらないロンドンに行かなければと、フランス語上手くなってもやっぱり英語話せないのはダッセエなと。

    そして今でもやはり同じですが、当時20代前半の私は尚更、何もかも上手く行ってる状態だと独特の欲求不満が湧き上がって来る。 そうです何というかtoo much harmony。 そうなると極楽も地獄に変わります。 何もかも順調なら、何に対しても価値や意味が感じられないのです。 新しい事やりたい、新しい所に行きたいと。 

    そんな事からロンドンに向かいましたが入国出来ず色々あってダブリンに着きました。 ダブリンに1人。 

    イギリスには南米A国の女性と行きましたが、私は英国に入国さえも出来ず、そして私の為に彼女を振り回す訳にいかないから彼女をパリ迄送り届け私はアイルランドは1人です。 too much harmonyとか気取っても初めはさみしい、見知らぬ土地で1人は。

    ダブリンの市内に着き、落ち着いた最初の宿はあまり覚えてないが、思ったことは「この宿からオレのアイルランドの生活は開始だ!!!!」と。

    次の日からあても無く街を歩き回り見付けた答えは、よしまだ金有るし英語学校行こうと。 アホで落ち着き無い私は考えるのにも刺激有る所彷徨くのが一番、何か良い考えが浮かんで来る。決してホテルの部屋などでじっと考えるのは無理不可能。

    ツーリストセンター行き英語学校のパンフレットもらい学校決めました。 上の写真はスイス人で同じクラスだったダニエルと。 奴は今何してるんだか?ダブリンも2か月目位からdeepで強烈に素晴らしい生活が私を待ってました。


    海外で放浪するのも暴れるのも、長くなるなら言葉は必要。言葉わかればもっともっと充実、楽しい。

    自分の経験から言葉出来なきゃ相手にされない。仲間出来ない。恋人出来ない。

    海外で便利なカードと英仏語の教材紹介します。海外出る前に軽く準備しましょう。
    私も愛用の海外のATMで現地通貨引き出せる便利なカードと世界最大の宿泊予約サイト  【Booking.com】

    オンライン学校を紹介させていただきます。新しく覚えた単語や文章はオンラインオンライン実践し直ぐ自分の物にしましょう。

    覚えたら直ぐ使う、忘れないコツです。

    海外旅行に便利なプリペイドカード【Yubisashi Club Card】

美食 健康 旅行

蕎庵 卯のや
2017.04.15
Gastronomie

蕎麦料理を落ち着いた雰囲気で

大通り裏に潜む是非外国人に紹介したい蕎麦レストラン

柯细女(店ではありません。友人の紹介です。)
2017.04.09
日本で頑張ってる外国人

四国と湖北省

小柯

Isel
2017.04.05
日本で頑張ってる外国人

ペルーのリマ出身 Isel Bustamante

I'm Isel Bustamante

ネス外国語会話 水道橋校
2017.04.03
仏語

安いだけじゃない。講師の質が高いか...

ネス外国語会話

Manabiba International school
2017.03.31
語学

そだつちからxそだてるちから

Manabibaまなびば