オンライン Panama 放浪生活157  ’87 St. Lazare
Chame

  • Chameの朝日。

    朝日が登る。

    この日はパナマに着いて2日目の朝。

    時差ボケ。

    前の日にみんなでディナー。

    ワインをたらふく飲んだ。

    時差ボケで凄く早い時間に眠くなる。

    だから余裕で早く起きれる。

    ストレスの無い生活。

    波は荒い。

    こちらは太平洋側。










    1987年 1月後半 サンラザール駅




    又5年間立入禁止の国増えた。

    前にこの国去る時に当分は来ないと思った。

    思ってたなら戻っては行けない。

    Ireland


    戻ったのが早すぎた。

    多分そんなに行きたくもなかったかもしれない。

    行って、生活して、活躍してる自分の姿すらも想像出来なかった。


    送り返されたフェリー上での思いがけないダチ等との新しい出会い。

    フランス人ブラジル人韓国人

    韓国人にはちょっと可哀想だった。

    病気。


    奴等とは音楽の話で盛り上がった。


    何故かパリに着いた時は嬉しかった。

    少しみっともない。


    着いた場所はサンラザール駅。

    俺にとっては地元。

    初めてココに来た時から感じてた親近感。

    ココには俺がバイトしていた焼肉屋もある。

    前回もそうだった。

    店に直行した。

    店のマスターが居たら具合悪い。

    でも野生の勘で直行。

    マスターは絶対に居ないと決めつけて直行。

    今回も同じ。


    駅から店へ。

    マスターはやはり居ない。

    ならこちらのモノ。

    久しぶりだから誰も俺の事をウザがらない。

    否、そう言う素振りを見せないだけかも。


    ビビンバ頂く。

    食わせてもらう。

    強引に食う。

    腹膨れたら寝床。

    Gに電話する。

    奴にはココ数年迷惑かけ放し。

    どうせなら今夜もよろしく。

    もちろん焼肉屋の電話使う。

    安い給料で働いてたんだ、電話使う権利は当然ある。

    G来る。

    俺の面倒見てくれるの奴の他にはYのオッサンしか居ない。

    Gはバイトとかしてなかったし、暇で酒好き。

    だから呼べば来る。

    その後はサンラザール駅付近のバーで飲み。

    後は覚えていない。

    誰と飲んだとか?


    俺の問題はコノ後どうするか?

    パリに居る意味も無い。

    どうしよう?

    まあ良い。

    とりあえず酒呑んで寝る。

    そうすりゃあ何かある。


    現在(その当時)は俺はヨーロッパに居る。

    フランス語はとりあえず今は良い。

    英語

    しかし英語話す2つの国からは5年の立入禁止くらってる。

    これではアメリカオーストラリアもダメだろう。

    真面目に5年も待ってたらジジイになってしまう。

    諦めるのは絶対に嫌だ。


    次の日起きた。

    とりあえず街歩く。

    パレ・ロワイヤル辺り歩く。

    目に飛び込んで来たパリ~テルアビブの飛行機料金。

    これだ。

    Israel

    そうだ、キブツがある。

    フランス語英語も話せるようになってる。

    後は場数。

    ならあっちこっちから若者達が集まるキブツvolunteer

    決まり。

    ココからも行動は早かった。


    又語学と旅関係のアフィリエイト貼ります。

    不愉快な方はシカトしてください。

美食 健康 旅行

蕎庵 卯のや
2017.04.15
Gastronomie

蕎麦料理を落ち着いた雰囲気で

大通り裏に潜む是非外国人に紹介したい蕎麦レストラン

柯细女(店ではありません。友人の紹介です。)
2017.04.09
日本で頑張ってる外国人

四国と湖北省

小柯

Isel
2017.04.05
日本で頑張ってる外国人

ペルーのリマ出身 Isel Bustamante

I'm Isel Bustamante

ネス外国語会話 水道橋校
2017.04.03
仏語

安いだけじゃない。講師の質が高いか...

ネス外国語会話

Manabiba International school
2017.03.31
語学

そだつちからxそだてるちから

Manabibaまなびば