オンライン Panama 放浪生活152 ’87 Barcelona
casco viejo 2

  • いつ来ても素晴らしい空。

    濃い、濃厚な青。

    濃い黒いカフェ。

    濃い赤いワイン。


    キラキラした地中海の空も好きだ。

    ココは濃厚。

    濃厚な文化。

    色々混じり合ったタフな文化がある土地。

    インディヘナコンキスタドーレスアフリカの奴隷運河の労働者

    パナマ原住民スペイン人アフリカ人インド人レバノン人中国人

    ユダヤ人アメリカ人コロンビア人ベネズエラ人 その他の人々。


    このタフな文明の混じり方がたまらない。

    濃厚だ。










    1987年 1月 去る、その日



    前の日にゲロ吐いた。

    それ以外は非常に素晴らしい夜。


    Pilar


    もうよく覚えていない。

    どうやって帰ったかも。

    酔っ払い。

    目が痒い。

    二日酔い。

    今日は列車でパリに向かう。


    Pilarとはこの夜だけ。

    素晴らしい印象はあるし、彼女も行為を持ってくれたと思う。

    もうどうでも良い。

    しかしこの夜しか会っていない。

    彼女も、もう婆さんだろう。

    俺と同じくらいの歳だ。


    俺の酔っ払い人生にゲロはついて回る。


    微かに覚えてた事。

    Immaが来るか。

    彼女も美しい女性。

    今でもコンタクトある。

    2017年に日本にも旦那と来てくれた。

    東京駅で会った。

    息子も連れて。

    俺達の友情。

    1980年代から。


    兎に角、彼女が来る。

    俺の顔の写真を撮る。

    そして、それをもとに絵を描く。

    俺の面の絵。

    Catalanの人達、皆芸術家

    そう。

    若い内は皆そうだ。

    芸術家。

    だから絵描ける。

    俺の面でも描ける。


    本当に来た。

    カメラ持って。

    素晴らしい女性だ。


    二日酔いの頭。

    彼女の声が聞こえた。

    甘く優しい声。

    焦ったふりして起きる。

    写真撮った。

    コーヒーか水でも一緒に飲んだかも。

    短い時間。


    彼女去る。

    午後は俺が去る番だ。

    パリに向かう。

    今だにキラキラ輝いてるこの日。

    Barcelona

    友情に酒。

    そして女性達と俺。

    パリに戻ってから又始まる更に濃厚な日々。

    青春。

    本物の生き方。


    きれいな話の後はダサいアフィリエイト。

    ごめんなさいね。

    でも旅行と語学学校の物。

    最低の話できなければ何も始まらない。

美食 健康 旅行

蕎庵 卯のや
2017.04.15
Gastronomie

蕎麦料理を落ち着いた雰囲気で

大通り裏に潜む是非外国人に紹介したい蕎麦レストラン

柯细女(店ではありません。友人の紹介です。)
2017.04.09
日本で頑張ってる外国人

四国と湖北省

小柯

Isel
2017.04.05
日本で頑張ってる外国人

ペルーのリマ出身 Isel Bustamante

I'm Isel Bustamante

ネス外国語会話 水道橋校
2017.04.03
仏語

安いだけじゃない。講師の質が高いか...

ネス外国語会話

Manabiba International school
2017.03.31
語学

そだつちからxそだてるちから

Manabibaまなびば