オンライン Thanksgiving 放浪生活140 ’87 Bus休憩
toilet
  •  田園調布アメリカ人宅。

    22d November 2018

    北京で知り合った仲間達。

    時には皆で集まる。

    Thanksgiving Day


    何故か熱く素晴らしい時を一緒に過ごした。

    暑い夏。

    物凄く寒い冬。

    一緒だった。

    基本はあの頃の皆。

    散った。

    もう会えなくなってしまった連中も居る。


    以前に韓国人の女性が言った。

    「今は毎日の様に皆で集まり当然の様にビール飲む。何も疑いは持たなく。

    しかし時が経てば皆それぞれ散って行く。自分の生活が有る。

    だからその内、この何でもない平凡な馬鹿話の時間が非常に貴重だったと知る時が来る。」

    当にその通り。

    彼女は偉い。

    皆家族作ったり歳重ねて生活も変わる。

    場所もスタイルも変わる。


    2009年の北京

    その時のThanksgiving

    殆どの仲間が集まった。

    一番盛大だった。

    時は流れる。

    俺は酔っ払う。







    1987年 1月 バス



    カサブランカマラケシュ行き。

    多分夜だった。

    あまり印象は無い。

    マラケシュはどんな所?

    当時は軟弱な俺。

    あまり興味の無かったモロッコ


    否、夜では無い、昼。

    昼間のバス旅行。

    風景を楽しんで。

    途中バスは止まって休憩。

    もう地中海の感じから離れて砂漠に段々と変わっていく様子。


    汚い場所で休憩。


    木の机が置いてある。

    その上にちょん切った羊の頭。

    血が流れてた。

    その横で殺したばかりの羊肉を焼いていた。

    唆る。

    殺したばかりの新鮮な肉。

    モロッコのパンに挟んで食う。

    これが良い。

    良い香りが乾いた風に運ばれて来る。

    買って食った。

    美味い。

    パンチの効いた香辛料。

    血を流して、ぶった切られた羊の並べられた頭。

    その横で食う。

    それも良い。

    最高に新鮮という証。

    これに勝る物は有るわけない。


    今は肉食わない。

    食わなくなって18年位。

    当時は食った。


    血まみれの羊の頭の横で食う羊肉のサンドイッチ

    俺は狼だ

    心の底からそう感じた。

    何故か誇りに感じた。

    その時の気分は今でも覚えている。

    羊を殺して喰う。

    それには罪悪感も慈悲もない。

    普通の事だ。

    肉食わなくなった今は少しは変わったけど。


    トイレに入った。

    木の箱のトイレ。

    昔の日本の電話ボックスみたいな大きさ。

    当然期待はしてない。

    糞するんじゃない。

    小便。


    入った途端にぶっ飛んだ。

    この世の物ではない汚さ。

    今までに経験した事の無い汚さ。

    多分息止めて出すものは出した。

    そうしなければこの先のバスの旅、短くはない。


    この話には続きが有る。

    その4年後同じルートをバスで移動した。

    この羊のパンを食う目的も有った。

    そしてその素晴らしく汚いトイレはどうなったのか?

    覗いた。

    入ってみた。

    やはり世界一汚い。

    世界一とは俺の中での世界一。

    WBCとかにそんな認定は無い。

    やはり我慢して入り小は済ませた。

    結構汚い場所にも適応するタフな自分になっていたあの頃。

    それでもダメだ。

    2度目の頃はモロッコ北アフリカが大好きになっていたのに。


    そしてそのかなり後での中国

    2006年頃。

    北京上海なら当時から比較的キレイなトイレは沢山ある。

    しかし内モンゴル、そして河北省

    砂漠の乾いた気候に近い。

    草原もある。

    やはり水が少ないせいか清潔に保てないのか?

    汚い。

    入れない。


    モロッコのは一人用。

    汚くてもどうでも良い様なプライバシーはあった。

    だがこちらのは皆並んでやる。

    前の壁にオシッコをヒッカケる。

    下は溝だけ。

    糞とオシッコが溜まっている。

    糞するには皆が小便してるの拝みながら溝を跨ぐ。

    3人くらしか一度に使えない。

    確実にそんな所で糞すりゃ隣のおっさんのオシッコひっかけられる。

    書いていて気持ち悪くなってきた。


    砂漠や草原を旅行するにはそれなりの覚悟は必要。

    この世の物とは思えぬ美しさの裏にはそれ相当のキモさも有る。


    ごめんなさい。

    ココにアフィリエイト貼ります。

    格安旅行サイトと旅の時に役立つかもしれない語学学校の物。

    ダサいです。

    すみません。

    嫌いな人はシカトして下さい。

    よろしくお願いします。


美食 健康 旅行

蕎庵 卯のや
2017.04.15
Gastronomie

蕎麦料理を落ち着いた雰囲気で

大通り裏に潜む是非外国人に紹介したい蕎麦レストラン

柯细女(店ではありません。友人の紹介です。)
2017.04.09
日本で頑張ってる外国人

四国と湖北省

小柯

Isel
2017.04.05
日本で頑張ってる外国人

ペルーのリマ出身 Isel Bustamante

I'm Isel Bustamante

ネス外国語会話 水道橋校
2017.04.03
仏語

安いだけじゃない。講師の質が高いか...

ネス外国語会話

Manabiba International school
2017.03.31
語学

そだつちからxそだてるちから

Manabibaまなびば