オンライン ダチ 放浪生活137  ’87 バス
頭膿んでる

  • 今書いてる俺のブログの1986年パリで出会った仲間。

    色々腐れ縁。

    こいつと会うのは15~6年ぶり。

    熱く寒い時代をダラダラ生きた。

    サンラザール駅近くの焼肉屋。

    頭膿んでる時期。

    デタラメ。

    やりたい放題。

    最高に最悪。

    昔の仲間。

    たまに会う奴等もいる。

    その頃の奴等。

    皆、良かったと言ってる。

    俺もそれなりに良かったと思う。

    若かった。

    今も若いと、ジジイになった自覚無し。

    当たり前。

    まだまだイケてると思ってる。

    当然本気で思ってる。

    酒飲みすぎてくたばった奴も居るらしい。

    どうせその内地獄で再会するだろう。







    1987年1月1日カサブランカ行きバス



    どれが先か覚えてない。

    バスに乗った。

    このアホの土地とオサラバ。

    タンジェ


    眠った。

    ワム

    新年。

    カウントダウン。

    バスのラジオ。

    馬鹿馬鹿しい。


    この頃はもう新年迎えるなど、どうでも良くなってた。

    下らねえ。

    新年とか年号とか俺が決めたんじゃねえ。

    関係ねえ。

    それにココはモロッコ

    イスラム教の国。


    バスは思ってたのよりはマシ。

    それでも汚え奴等は沢山乗ってる。


    ラバト

    王様の住んでる所。

    首都。

    金ピカの街。

    清潔。

    バスから見た印象。

    バスを降りたわけではない。

    眠かったし寒い。


    朝早くカサブランカ

    早すぎて何もやってない。

    フランシスと待合室で滞在。

    イスラム式のモザイクのタイルが美しい

    キモいヨーロッパの教会とは違う。

    それは吐き気がする。


    その頃はイスラムも俺にとって第三の宗教。

    第四か?

    俺は宗教アレルギー。


    いい加減な気持ちで来た。

    モロッコに来るならマブダチのアミッドの情報を入手すべきだった。

    俺はどうせその内来ると思ってた。

    一人かもっとタフな仲間と一緒に。

    フランシスみたいにダサい奴とは来たくなかった。

    スペインに飽きてる奴が行こうと言い出した。


    朝の待合室。

    睡そうでオッサンもオバサンも皆静か。

    突然アホが現れた。

    急に俺等を見つけてデカい声で話し出した。

    俺等しか外人は居なかったから。

    バス旅で疲れて寝ている人等など眼中に無いみたいだ。

    待合室中に響くデカい声。

    まるっきり内容の無い会話。

    奴の自慢話。

    パリの話。

    シカトしてる俺。

    1987年1月1日。

    ココで始まる。

    このバカはタダの迷惑。


    その為か1987年は北アフリカイスラエルパリのアラブ人街

    そうイスラエルパレスチナ人達

    エジプトシナイ半島

    そこのベドウィン等

    その辺との関係が嫌なくらい有った。


    ダサいアフィリエイト貼ります。

    ごめんなさい。

    シカトして下さい。

美食 健康 旅行

蕎庵 卯のや
2017.04.15
Gastronomie

蕎麦料理を落ち着いた雰囲気で

大通り裏に潜む是非外国人に紹介したい蕎麦レストラン

柯细女(店ではありません。友人の紹介です。)
2017.04.09
日本で頑張ってる外国人

四国と湖北省

小柯

Isel
2017.04.05
日本で頑張ってる外国人

ペルーのリマ出身 Isel Bustamante

I'm Isel Bustamante

ネス外国語会話 水道橋校
2017.04.03
仏語

安いだけじゃない。講師の質が高いか...

ネス外国語会話

Manabiba International school
2017.03.31
語学

そだつちからxそだてるちから

Manabibaまなびば