オンライン 万世橋 放浪生活129   ’86 アンダルシア4
Gibraltar
  • 


    国鉄万世橋駅跡。


    以前は交通博物館。

    ガキの頃は良く行った。

    無料だったからか?

    良くは憶えていない。

    冬は寒くなかった。

    人もほとんど見かけなかった。

     

    金無いガキの時代は彼女と行くにも良かった。

    金無いのは今も同じ。


    今のこの建物にも人は居ない。

    潰れるのも時間の問題だろう。

    中に店とか在るがパッとしない。

    ドコにも入る気になれない。

    ダサい。


    千代田にガキは少なくなった。

    面白くもなんともない場所になる。









    1986年 アンダルシア地方 年の暮




    Sevilla何も印象無い。


    闘牛は意味わからない。

    只の動物虐待だ


    フラメンコ

    「何、それ?」

    Barcelonaの人達も大体そう言うだろう。


    ココからバスでGibraltarに向かう。

    直接は行かない。

    スペイン側に滞在する。

    その方が経済的。

    午前中に国境を越えてGibraltar遊びに行く。

    夕方に又国境を歩いて越えてスペインに戻る。

    ホノボノとした国境。

    UKから立入禁止食らってる俺は少しビビった。


    Francisが「飯はスペイン側が良いと。」言う。

    しかしせっかく来たのだUKのビールは飲むべき。


    世間一般に英国の飯は不味いと言う。

    そんな事は無い。

    本当に不味いのはアイルランド

    だからFrancisもいまだにBarcelonaに住んでいる。


    Gibraltar

    英国兵が沢山居るが平和な所。

    アラブ勢力等押しかけて来ない。

    平和できれい。


    山を登る。

    いや、岩だ。

    何か乗り物も有った。

    ケーブルカーかな?

    シカト。

    歩くに限る。

    運動だ。



    確かスペインとの国境越えると踏切があった。

    遮断器が降りてる時は飛行機が離陸か着陸。

    その踏切は飛行機のため。


    あほFlamencoを聞かなくて済む、久しぶりに幸せな気分になった。


    天気が良い。

    岩を登るとApeが沢山居る。

    猿の事。

    可愛らしい。

    近寄って来る。


    天気の良い夏のUKの雰囲気を味わった。


    歩いて国境を渡ってスペインに戻る。


    暗いFlamencoの世界

    演歌の日本

    同じ。


    行こうとしてた所、全て廻った。

    行く所も無い。

    やる事も無くなった。

    女も居ない。

    出会いも無い。


    奴はやはりMarocと言う。

    Marocに行くフェリーに乗るためAlgecirasに向かう。

    バスに乗って。

    外の景色、この辺りは砂漠のようだ。

     

    イタリア製の西部劇の撮影の場所

    初めて見る風景。

    その時はまだ本物の砂漠に出会って無かったから。


    アフィリエイト貼ります。

    嫌な方はシカトして下さい。

    ありがとうございます。


美食 健康 旅行

蕎庵 卯のや
2017.04.15
Gastronomie

蕎麦料理を落ち着いた雰囲気で

大通り裏に潜む是非外国人に紹介したい蕎麦レストラン

柯细女(店ではありません。友人の紹介です。)
2017.04.09
日本で頑張ってる外国人

四国と湖北省

小柯

Isel
2017.04.05
日本で頑張ってる外国人

ペルーのリマ出身 Isel Bustamante

I'm Isel Bustamante

ネス外国語会話 水道橋校
2017.04.03
仏語

安いだけじゃない。講師の質が高いか...

ネス外国語会話

Manabiba International school
2017.03.31
語学

そだつちからxそだてるちから

Manabibaまなびば