オンライン 東京タワー 放浪生活128  ’86 アンダルシア地方
セビリア
  •  

    醜い。

    この建物。

    終わった感じ。

    完全に終わっている。

    スカイツリーが良い。

    やはり良い。


    日曜日に台湾フェスティバルに出かけた。

    この場所に行った。

    垢抜けない。

    台湾フェスティバル自体は良い。

    しかしまだ暑かった。

    人も沢山。


    しょうがないからタワー内のカフェへ。

    最低。

    ダサいカフェ。

    バカ丸出し。


    芋の揚げたのとワイン頼んだ。

    ワインより早く芋が来た。

    常識では考えられない。

    異常だ。


    喉乾いてるんだ。

    バカ野郎。


    安い赤ワインをシャンパーニュ入れるような容れ物に入れて持って来た。

    アホ。

    氷も一杯で。


    そこのバカ娘は何も知らない。

    ワイン飲んだ事も無いのだろう。

    マネジャー気取ったバカ女も知らん顔。

    舐めてる。







    1986年 年の終わり Sevilla



    アンダルシア地方で一番デカいらしい。

    この州の都。

    州都。

    そうSevillaアンダルシアの州都。


    早くも、もうBarcelonaに帰りたい。

    汚いキモい町はもういい。


    Francisと鶏食った。

    ワイン呑んだ。

    変なおやじは別れ際に「vaya con dios.]とか言った。

    不愉快だ。

    俺は神サンなど信じません。

    アホらしい。


    いい加減にフランシスも飽きてきたみたいだ。

    埃っぽい街。

    Barcelonaの偉大さを実感した我々。
    この街は鶏食った記憶しか無い。

    非常にどうでも良い所。

    頭悪そう。


    野郎も嫌なのか「アルジェリアに行こう。」と言い出した。

    アホか?

    俺は嫌だ。

    俺はパリで労働して金貯めた自由の身。

    不法労働。


    そう言う所はそのうち行く。

    それにこんな軟弱な野郎とは嫌だ。

    絶対に嫌だ。

    それにその頃は俺は北アフリカにあまり興味は無かった。

    北アフリカに関心持つのはその次の年に行ったイスラエル以降だ。


    俺はUKから5年間の出入り禁止。

    だから試したかった。

    Gibraltar


    野郎は知ってる。

    Barcelonaの仲間にGibraltarの話すと良い顔しない。

    それはスペインの一部が今でもUKだから。

    兎に角次はGibraltarだ。



    アフィリエイト貼ります。

    馬鹿馬鹿しいのでシカトして下さい。

    俺の素晴らしい文章はよろしくお願いします。

    読んで下さい。


     


    格安ヨーロッパ鉄道チケット 


美食 健康 旅行

蕎庵 卯のや
2017.04.15
Gastronomie

蕎麦料理を落ち着いた雰囲気で

大通り裏に潜む是非外国人に紹介したい蕎麦レストラン

柯细女(店ではありません。友人の紹介です。)
2017.04.09
日本で頑張ってる外国人

四国と湖北省

小柯

Isel
2017.04.05
日本で頑張ってる外国人

ペルーのリマ出身 Isel Bustamante

I'm Isel Bustamante

ネス外国語会話 水道橋校
2017.04.03
仏語

安いだけじゃない。講師の質が高いか...

ネス外国語会話

Manabiba International school
2017.03.31
語学

そだつちからxそだてるちから

Manabibaまなびば