オンライン スペイン語29 trata mal
la gente normal
  • もし誰かがキミを粗悪に扱ったら問題はその人等に有る、

    キミにではないと覚えておきなさい。

    普通の人は他の人間達を破壊し回らない

    andar +現在分詞は ~(軽蔑的な事)をし回る。

    怒って接する人はキミではなくその人物自体に何か問題が有るからそうなる。

    自分の中に問題が有るから怒ってる。

    良く考えればわかる哀れな連中。

    自分の欲失敗や求不満を他人にぶつける。八つ当たり。更年期。

    昔なら王様の怒りに触れたら殺された。原因はなんでも。

    仕事が無いのを不況のせいにする。移民のせいにする。わかる。

    移民が安い賃金で仕事を請け負えば業者は嬉しい。経営者は得をする。

    するとそこの国民は給料安くなりバカらしくてやってられない。

    なら技術を身に付ける事だ。コネを作るのももっと良い。

    スペイン語で女性の更年期障害は menopausia
    男性なら andropausia
    。

    アンダルシアの何処かの町で銀行に行った。かなり前の話。その頃のスペインはペセタ。

    今のユーロとは違う通貨。とにかく両替に行った。

    銀行の窓口は男、けっこうオヤジ。

    そいつが上のスペイン語の様な態度。奴自身に問題あり。

    「パスポート出せ!」「ここにサインしろ!」はまだ普通だ。

    「なんだこの字は?」は酷い。私は普通平仮名でサインする。読めないのはそいつの問題。

    サインは読める必要も無い。

    80年代はスペインで日本はそんなに有名な国ではない。中国との区別も無かった。

    韓国など存在もしない。奴等は知らない。その中でアンダルシアは特に酷かった。

    ちなみにChinoは中国語や中国人の事。そして同じくアジア人全体を意味する。

    それを言ったら日本はもっと酷いはず。ポルトガルとスペインの違い。

    そこらのオバサンはわかんない。カタルニアやカタラン語の存在さえ知らない。

    無知。

    話は戻る。アンダルシアの何処かの町の銀行のオヤジ、自分の仕事大嫌い。

    なんだかんだと偉そうな態度で因縁こいてくる。こんな東洋の黄色いガキにサービスしない。

    そんな感じ。周りの人達も言っていた「。あの人は自分の仕事が大嫌い。嫌でしょうがないのだろう。」

    哀れでみっともない。女房と何かあったのか?あれでは女にも相手にされない。

    比較的人懐こく友好的なスペインでは珍しい。

    ヨーロッパで人懐こく友好的で気さくなスペイン。

    ラテンアメリカの国々はもっと人懐こい。

    ここでオンライン学校にスペイン語教材と電子辞書を紹介させていただきます。

    新しく覚えた単語や文章はオンラインオンラインレッスンで実践し直ぐ自分の物にしましょう。

    覚えたら直ぐ使う、忘れないコツです。

美食 健康 旅行

蕎庵 卯のや
2017.04.15
Gastronomie

蕎麦料理を落ち着いた雰囲気で

大通り裏に潜む是非外国人に紹介したい蕎麦レストラン

柯细女(店ではありません。友人の紹介です。)
2017.04.09
日本で頑張ってる外国人

四国と湖北省

小柯

Isel
2017.04.05
日本で頑張ってる外国人

ペルーのリマ出身 Isel Bustamante

I'm Isel Bustamante

ネス外国語会話 水道橋校
2017.04.03
仏語

安いだけじゃない。講師の質が高いか...

ネス外国語会話

Manabiba International school
2017.03.31
語学

そだつちからxそだてるちから

Manabibaまなびば