オンライン 東京 放浪生活91 ’86 Paris24
男達2

  • 俺の庭にも春が来た。

    きれいに花が咲いた。

    こうなると心配になる。

    アホとか酔っ払いが盗んでいかないかと。

    キレイだから持って行く。

    そんな奴等は沢山いる。


    前にミカンがなった。

    食おうと思っていたら無くなってた。

    もいで誰かが持ち去って食った。

    ふざけるな馬鹿野郎。


    人の家の前にタバコの吸い殻捨てていく奴。

    缶コーヒー飲んで人の家の前に平気で置いてくサラリーマン。

    酒のんでなのか?他人の敷地に立ち小便するバカ。

    いい加減にしろ。


    日本人は誰も見てなきゃ何しても良いと思ってる。

    その証拠にゴミ捨て自由。

    ゴミの分別などしちゃいない。

    決められた曜日も関係なくデタラメにゴミ出しする。

    この辺りはそんなのばかり。

    中にはマトモなのもいるが、兎に角酷い。







    1986年 Paris Hamid Joseph




    



    その続き。


    Hamidの家から金曜の朝に焼肉屋に出勤。

    この仕事自体には嫌気がさしてる。

    焼肉屋に復帰も3回目。

    嫌だ。

    しかしこの生活自体は悪くない。


    Paris、ダチ等、プールで運動、カフェでビールにワイン飲んで食事


    フランス語は問題無いし。

    しばらく焼肉屋で我慢。



    Joseph ナイジェリア人


    俺より年は結構上。

    本当の歳は知らない。

    別に男に興味ないから関係無い。


    冬の頃だ、マブい女連れて皆の集まるカフェに来てた。


    Josephは哲学的な奴。


    人種差別ネタも得意。

    兎に角何でも面白可笑しく話す。

    最高のキャラ。

    フランス語も話すが英語で話す。

    俺とも英語で話す。

    俺はそれが好きだった。


    何年も奴を知ってたが、女連れてるの初めて見かけた。

    多分俺等を仲間と認めてリラックスして自分の彼女を連れて来たのだろう。


    その女性イタリア人

    歳は自分より上の大人の女性。

    その様に見えた。

    思えた。


    正確にはサルディニア島出身の美しい女性。

    服も化粧もバッチリな大人。


    イタリア女性は皆お洒落が上手で美しい。

    垢抜けている。


    その美しい女性とJoseph


    かなりイチャイチャもん。

    少し俺等からは離れて座っていた。

    2人でイチャつきたいから。


    思いっきりベラ噛んでた。

    見ないようにしてるつもりでも見てしまう。

    思わずニヤけてしまった。

    舌と舌が絡んでるの見えてしまうから。


    俺は嬉しくなった。

    奴に女が出来た。

    しかも美しく垢抜けてるサルディーニャの女性。

    素晴らしい事だ。

    奴も素晴らしい男だ。


    奴の連絡先は知らなかった。

    何をしてるのかも知らない。

    しかしアリアンス・フランセーズかその辺りのカフェに時々出没する。

    携帯もメールもネットも無い時代。

    感覚とテレパシーが頼り。

    奴も俺等を仲間と認めてたからやって来る。


    奴と俺は、或る夏の日、Hamidに招待された。

     

    それは日曜の夜だった。

    どういう風に連絡来たかは覚えていない。

    兎に角、俺等の仲間のアラブ人の行った。

    多分何処かで待ち合わせてから向かったのだろう。


    招待されたのはJosephと俺だけ。


    他は皆Hamidの仲間のモロッコアルジェリアチュニジア人。

     

    クスクスとワインが振る舞われた。


    Josephと俺が客でHamidがホスト。


    だからHamidが仕切って皆に命令を出していた。


    皆は凄く饗してくれた。

    夢の様な話し。

    夢の様な時間。

    夢の様な面子。

    だけどその日を最後にミンナを見かけなくなった。


    次の日の朝、月曜日。


    Josephと俺は一緒にメトロで帰る。


    いや、俺は直接焼肉屋に行った。

    奴もかなり恐縮していた。

    でも嬉しそうだった。

    それが奴との最後。

    今は何処で何してのか?

    生きているのか?


    Hamidもその宴会が最後。


    いつまでも忘れない宴会。

    最高の仲間の中でも最高の面子。

    時間が経ち過ぎてしまった。


    1986年Paris夏の一夜


    男同士の別れ


    飾りっ気無い別れ


    又明日でも会うかの如く


    俺はけして忘れないとか安っぽい言葉では表現出来ない


    本物の男だけの夏の夜


    話の舞台のParisに行きましょう。

    又奴等がタバコ吹かしながら現れそうな。

    いつ行ってもそう感じる。


    ダサいけど旅行のアフィリエイト貼っちゃいます。



美食 健康 旅行

蕎庵 卯のや
2017.04.15
Gastronomie

蕎麦料理を落ち着いた雰囲気で

大通り裏に潜む是非外国人に紹介したい蕎麦レストラン

柯细女(店ではありません。友人の紹介です。)
2017.04.09
日本で頑張ってる外国人

四国と湖北省

小柯

Isel
2017.04.05
日本で頑張ってる外国人

ペルーのリマ出身 Isel Bustamante

I'm Isel Bustamante

ネス外国語会話 水道橋校
2017.04.03
仏語

安いだけじゃない。講師の質が高いか...

ネス外国語会話

Manabiba International school
2017.03.31
語学

そだつちからxそだてるちから

Manabibaまなびば