オンライン 東京 放浪生活82 ’86 Paris15
変な男が来た

  • 上野駅の雪


    1月の半ば頃。

    上野は徳川に縁の有る良い場所。


    アホの田舎者は上野を下町と言う。


    神田や御徒町は下町だが上野は違う


    上野を下町と言う奴等など信じられない。

    高級な山の手だ。


    麹町牛込小石川本郷上野麻布白金


    江戸城を守る7つの丘。


    最低な長州の連中に上野は蔑まれたのだ。

    素晴らしい土地なのに。


    東上野には明治時代には東京の3大貧民窟野一つ下谷万年町が在った。

    上野戦争では彰義隊が長州や薩摩の連中と戦った。

    彰義隊には新撰組の原田左之助が参加していた。

    上野の寛永寺は徳川家菩提寺である。






    1986年 2月 Ramの部屋



    GRamの部屋で飲んだ。


    Ramが飲みたいから。


    奴はどんなに呑んでも酔わないと言っていた。

    酔える奴等が羨ましいとも。



    奴の気に入ってる女が来た。


    ストックホルムからやって来た。


    Marina



    ParisでRamと生活するために

    しかし彼女はスーツケースにも手を付けず何処かに消えた。


    男から電話有ったらしい。

    その電話の後で消えた。


    そりゃあショックだよ、Ramは。

    だから奴は気を失う迄飲みたい。

    しかしいくら呑んでもそんなに酔えない。

    俺なら直ぐ気を失える。


    奴から彼女の事と今迄の流れを聞いた。

    英語で。

    だからGは嬉しくない。

    英語わからないから。

    フランス語は勉強してるが英語どころでは無いのだろう。

    奴は不愉快だったのだ。


    そしてRamによるとMarinaには一緒に暮らしてる男がいる。

    その男が彼女を追ってストックホルムから来たのだ。


    その男から彼女に電話が有り、彼女は出かけて行った。

    男は日本人。


    その日の夜遅くMarinaと男は来た。

    俺達が呑んでいるRamの部屋に。


    ソイツはRamの言う通り大した奴ではない。

    カッコつけオヤジ。

    俺より年は上だった。

    かなり。

    カッコつけ。


    ソイツは俺の事も俺の名前も知っていた。

    彼女から聞いてたらしく。

    そう、事の発端は俺だ。


    俺もソイツがどんな野郎なのか見てみたかった。

    それにしてもパッとしなかった。



    簡単に言うと、Marinaはその日本人の男の彼女。

    だが喧嘩か何かしてParisに逃げて来た。

    Ramの家にも以前から度々来てたらしいから、彼に対してもそれなりに気持ちも有ったはず。

    だから飛び出してきた。

    しかし男に勘付かれ、ソイツはよりを戻しにParis迄来たのだ。

    そして説得されてよりを戻した。


    最後に2人でRamの家に置いてあったスーツケースを取りに来た。

    その後二人で消えて行った。

    何処に行ったかは知らない。


    俺等は飲み続けた。

    多分俺は先に潰れた。

    起きたのは次の日の昼頃だろう。




    又アフィリエイト貼ります。

    ダサいです。

    申し訳ありません。

    ただ私のアホな海外放浪ブログを楽しんで下さい。


美食 健康 旅行

蕎庵 卯のや
2017.04.15
Gastronomie

蕎麦料理を落ち着いた雰囲気で

大通り裏に潜む是非外国人に紹介したい蕎麦レストラン

柯细女(店ではありません。友人の紹介です。)
2017.04.09
日本で頑張ってる外国人

四国と湖北省

小柯

Isel
2017.04.05
日本で頑張ってる外国人

ペルーのリマ出身 Isel Bustamante

I'm Isel Bustamante

ネス外国語会話 水道橋校
2017.04.03
仏語

安いだけじゃない。講師の質が高いか...

ネス外国語会話

Manabiba International school
2017.03.31
語学

そだつちからxそだてるちから

Manabibaまなびば