オンライン 中央アメリカ 放浪生活66 Dublin30
Parisへ
  • 

    セントラルアメリカの地図


    何故か惹かれるこの地域。

    2015年にパナマへ。

    2017年はホンジュラス


    メキシコからコロンビアの間の小さな国々が沢山集まる地帯。


    ベリーズは英語。

    コスタリカパナマ以外は治安も結構悪い。


    自分が居たホンジュラステグシガルパで危ない話は沢山聞いた。

    しかし自分には何も危ない事は無かった。

    気さくな人達。

    直ぐ仲良くなる。

    ホンジュラスの事沢山書いたので分かりやすく地図を付けました。






    1985年暮れ フランスに向かう



    フェリーにて向かう。

    久しぶりのフランス


    フェリーで、ほんの数日前にDublinのPubでナンパしたフランス人女性に遭遇。

    Pubでは俺の事ウザがってたが、この日は違った。

    英語の勉強終えて自分の国に戻る嬉しさからなのか?

    開放感を感じてたのだろう。

    一緒の席に座ってずっと会話を楽しんだ。


    もう一人アメリカに移住してるスウェーデン人の女性とも知り合った。

    フランス人女性とは当然フランス語で話すがこのスウェーデン女性とは英語

    Parisに戻ったら毎日フランス語、だから名残惜しく英語を沢山話した。

    その女性は完全なネイティブのアメリカ英語だ。


    自分の気持ちも晴れていた。

    フェリーの窓の外の空も海も真っ青。

    北の海とは思えない。

    なんだかカリブ海辺りをクルージングしてるような感覚だった。

    その時点だカリブ等行った事は無い。 

    映画で見ただけ。


    フランスに着いた。

    Cherbourgに。

    入国審査。

    これはいつでも嫌だ。

    沢山それ迄嫌な思いをしてきた。


    そこからParis、サンラザールに向かう列車へ。

    スウェーデン女性の隣に座り英語を名残惜しくずっと話してた。


    サンラザール駅、それは因縁の場所。

    アイルランド行く前にそこの傍の焼肉屋でバイトしてたから。


    フランス女性の家族は出迎えに来ていた。

    スウェーデン女性とも別れて真っ先に焼肉屋へ。

    そこに行って、その日の寝床を探す。


    店のマスターが居たら嫌だが、とにかく向かった。

    オヤジは運良く居なかった。

    店には懐かしい顔も。


    新しく入った連中も数人居た。

    皆私の事は噂で聞いて知っている様だ。


    他の店舗に人間にも奴等は俺が帰った事知らせて、結構集まった。

    飲み会だ。


    この半年以上の間でこんなに日本人ばかり見るのは初めて。


    やはりParisは好きだ。

    この年の11月はダブリンに居たためボジョレーヌーボー呑んでない。

    少しビール飲んだ後そのワインを飲んだ。

    そしてそれからが大変な事になるのだ。


    語学学校ノアフィリエイト貼ります。

    ダサくてごめんなさい。

    私のブログを楽しんで頂ければ、それで嬉しいです。


    駅前留学のNOVA まずは体験レッスン!


    企業向けプログラミング研修【CodeCamp】

美食 健康 旅行

蕎庵 卯のや
2017.04.15
Gastronomie

蕎麦料理を落ち着いた雰囲気で

大通り裏に潜む是非外国人に紹介したい蕎麦レストラン

柯细女(店ではありません。友人の紹介です。)
2017.04.09
日本で頑張ってる外国人

四国と湖北省

小柯

Isel
2017.04.05
日本で頑張ってる外国人

ペルーのリマ出身 Isel Bustamante

I'm Isel Bustamante

ネス外国語会話 水道橋校
2017.04.03
仏語

安いだけじゃない。講師の質が高いか...

ネス外国語会話

Manabiba International school
2017.03.31
語学

そだつちからxそだてるちから

Manabibaまなびば