オンライン 中国語52 放浪生活37 Too Much Harmony
成長

  • 辛くても次の日はやる事はやらねばならない。

    皆お前に何が起きても全く知らない。

    それが成長だ。


    そうだ、他人が寝てなかろう疲れてようが興味無い。

    良く「昨日は2時間しか寝てない。」とか文句言う奴居る。

    そいつの睡眠など誰も興味ない。

    皆忙しいんだ。



    1985年5月、Londonへ

    なんだかんだ言ってるウチに冬は去っていった。

    街の雰囲気も人々の格好も変わった。


    居心地良すぎてParisに長居。

    様々な男女関係も微妙。

    仕事も慣れてるから嫌だけどまあ良い。

    もちろん焼肉屋。

    仲間沢山で楽しいが何か違う事したい。


    Too much harmonyは嫌だ


    Parisの北駅から列車で。


    Patty が一緒。

    それはDanielaしか知らない。


    Londonに着けるかはわからない、皆から厳しいと聞いてる。

    やはりドーバー海峡渡ってそれで終わり。

    UKには入れなかった。

    Pattyは大丈夫、ParisでVisaも取ってるし。

    アルゼンチン人はVisa必要。

    フォークランド紛争の4年後、何が起こっても守ろうと思った。


    しかし自分のせいでフランスに逆戻り。

    彼女も一緒。

    彼女もこれは一生忘れないだろう。


    フランスのカレーに追い返された。

    フランス人の国境のお巡りは良い。

    「お前、フランス語話せるならココに居ろ。あんな飯の不味い所に何で行くんだ?」

    そんな感じ。

    フランスは良くも悪くも関大。

    カレーからリル、そしてブリュッセル、その後シュトゥットガルト

    やけくそ気味の旅。

    よく覚えてないがシュトゥットガルトから近くの街にも行った。


    当時フランスのフランは弱い、ドイツマルクは強い

    遊んでられない、Parisに戻る。

    その当時の西ドイツから。


    北駅、Pattyの男が緑のルノー5転がし迎えに来てた。

    そいつは良い奴、素晴らしい奴。

    俺らの事バレない様に一人悲しく駅横の出口へ。


    焼肉屋の連中にも挨拶に。

    「やっぱり駄目だっただろ。」と皆に言われた。

    どうしよう?

    英語を学びたい。ヨーロッパで他の英語の国?

    そうだアイルランドだ。

    思いついた。

    パスポートにUKに5年間立入禁止の大きなバッテン

    ダメもと、一か八かだ。

    このまま大人しくParisに居るのはダサすぎる。

    行くぜ。


    2~3日してエア・リンガスの切符買ってダブリンに向かうのであった。

    Pattyがポートマイヨの空港行きのバス乗り場迄見送ってくれた。


    自分に問いかける。「今一番やらなければならない事は何だ?」

    それは英語磨く。Parisのダチや女達でない。

    まして焼肉屋の仕事でもない。

    なら行くぜDublin

    シャルル・ド・ゴールから不安と期待を抱えて飛行機に。



    旅は修行。永い期間に何事にもとらわれず勝手気ままに。

    管理されてる日本社会で生活している連中にはこの本当の厳しさはわからない。

    上司等に命令されなければ何も出来ない弱者には理解できない。

    自由にはそれと同じだけの責任が伴う。

    失敗も成功もすべて自分のせい。

    諦めも然り。

    ゴールも自ら設定。


    アフィリエイト貼ります。

    ダサいけど旅の情報です。



    国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

美食 健康 旅行

蕎庵 卯のや
2017.04.15
Gastronomie

蕎麦料理を落ち着いた雰囲気で

大通り裏に潜む是非外国人に紹介したい蕎麦レストラン

柯细女(店ではありません。友人の紹介です。)
2017.04.09
日本で頑張ってる外国人

四国と湖北省

小柯

Isel
2017.04.05
日本で頑張ってる外国人

ペルーのリマ出身 Isel Bustamante

I'm Isel Bustamante

ネス外国語会話 水道橋校
2017.04.03
仏語

安いだけじゃない。講師の質が高いか...

ネス外国語会話

Manabiba International school
2017.03.31
語学

そだつちからxそだてるちから

Manabibaまなびば