Paris St.Lazare
この辺り

  • 伝説の店。

    かつてこの場所に違う店が有った。

    焼肉屋。

    France国鉄S.N.C.F. Saint Lazareの正面の一本裏の道。

    サンミッシェル方面に向かう21番や27番のバス停も傍。

    バイトさせてもらった。

    悪い事も沢山した。

    給料は安かったが十分に生活は出来た。

    しかし鬱憤は貯まる。

    文句ばかり言ってた。

    若いから文句言わない方が可怪しい。

    文句言って当たり前。

    訳もなく世の中に不満が有った。

    バイトの後は近くのBarで酒飲む。

    若いから沢山飲む。

    頭膿む。

    そして切れる。

    それで良い。

    この店で3回働いて3回辞めた。

    4度目は無かった。

    もう今は無理。

    ココに在った店は既に無い。

    当時の仲間とは今も付き合いが有る。

    フランス人も、又日本人も。

    強烈な時期を一緒に過ごした仲間達。

    色々な場所から流れてきて少しバイトして、又去って行く。

    皆それなりに夢が有った。

    夢を語っていた。

    つまらねえ奴等も少しは居た。

    揉め事は沢山有った。

    若さは素晴らしい。

    自分は24歳がココでの最後のバイト。

    何故かナポリへ向かった。

    いつも少し労働して金が出来るとバイトを辞めParisを去る。

    その時は最高に気持ち良い。

    爽やかでギラギラもしてる。

    電車やバスでParisを出る。

    金があまり無いから。

    80年代当時航空券は高価。

    取り敢えず目的地に一人で辿り着く。

    又少し憂鬱。

    ココから又始まるのは日常。

    ココから普通に不愉快な生活が始めるんだ。

    そんな事初めてではない。

    憂鬱になるのはわかりきってる事。

    それでも毎回住み慣れた楽しいParisを去る。

    そして何が楽しいのか誰も知り合いの居ない街に流れる。

    実際少しも楽しくない。

    ドキドキするのは新しい土地に着いた最初の数時間。

    知り合いは一人も居ない、暇でつまらない。

    言葉さえも理解出来ない所に着いたのも数回。

    何が楽しくてそんな土地に一人で向かうのか解らない。

    でもどういう訳かずっと住み慣れた所には落ち着けない。

    そして一定の時間の後、毎回当時はParisに戻っていた。

    Parisは優しく迎えてくれてた。

    去年の夏、久しぶりにParisに行った。

    昔のバイトしてた場所が懐かしくこの店に行った。

    店は変わった。

    サンラザールの周りの雰囲気は同じ。

    ココの建物のコンシェルジュだったポルトガル人のババアを見かけた。

    話しかけた。

    かなり歳とってた。

    とにかくババアだ。

    俺の事は覚えて無かった。

    しかし自分が当時やった悪さを話してるうちに思い出したみたいだ。

    でも歳のせいか少しボケてる感じもした。

    前に迷惑かけた口煩いババアに会えて良かった。

    又Parisに行けば気になりココに行くだろう。


    旅行のアフィリエイト貼ります。

    少しはためになる格安航空券とホテル予約サイトです。

    自分が毎回Parisや北京に行く時使うサイトなのでちょこっと見て下さい。

    やはりダサいと思う方はシカトして下さい。



    海外格安航空券の最安値検索なら スカイチケット!


    【Skypicker】

美食 健康 旅行

蕎庵 卯のや
2017.04.15
Gastronomie

蕎麦料理を落ち着いた雰囲気で

大通り裏に潜む是非外国人に紹介したい蕎麦レストラン

柯细女(店ではありません。友人の紹介です。)
2017.04.09
日本で頑張ってる外国人

四国と湖北省

小柯

Isel
2017.04.05
日本で頑張ってる外国人

ペルーのリマ出身 Isel Bustamante

I'm Isel Bustamante

ネス外国語会話 水道橋校
2017.04.03
仏語

安いだけじゃない。講師の質が高いか...

ネス外国語会話

Manabiba International school
2017.03.31
語学

そだつちからxそだてるちから

Manabibaまなびば