オンライン 仏語33 過ぎた時間
過ぎた日々
  • 我々に残された時間の方が過ぎ去った日々より重要だ。

    過去の栄光はどうでも良い。

    今楽しまなきゃつまらない。意味が無い。

    マリア・カラスもシャンパンと睡眠薬で声が出なくなった日々をパリで過ごした。

    アルコールと薬物依存でかつての自分の映像を見て美声を聞きながら。

    DVDの無い当時どうやってビデオ見てたかは私は知らない。

    53歳で死んだ。私は彼女の声や歌っている映像が大好きだ。

    美声で一時代を築き上げた天才。声が出なくなったからヨガのインストラクターにはならない。

    普通の人の何倍、何十倍も濃い生活送っていた。

    しかしもう駄目。金が有っても、やる事無くなったら凄くつまらないだろう。

    自分も海外から東京に戻りやる事無くて退屈で死にそうな思いした。

    やはり酒飲む。解る。


    海外から日本を見て日本の駄目な所も良く解る。

    大体東京という名前も気に入らない。

    江戸だ。

    長州の田舎者が西から攻めて来て勝手に変えた名前。気に入らねえ。

    絶対に駄目だ。

    最後まで江戸を守るため戦った戦士は靖国に祀られてない。

    官軍の奴等、明治政府の連中だけ。

    其奴らが調子こいて周りの国々を侵略しだした。

    江戸時代の260年間は世界の歴史上でも稀にみる平和で清潔。

    薩長同盟とか言ってたが結局長州は薩摩をも裏切った。とんでも無い奴等。

    西郷さんだって「どうも彼奴等変だ。」と思ったのだろう。西南の役。


    マリア・カラスが死んだのは1977年。自分が初めてパリ入ったの1979年。

    そして自分がパリに勝手に居つたのは1981年。

    マリア・カラスのパリの生活の最後の方を映画で見た。

    映画には自分が行った頃のパリが映っておりノスタルジック。その頃の車のモデルも懐かしい。


    エディット・ピアフも背がちっこいが声は凄い。美声だ。

    マリア・カラスより少し前に活躍した女性。

    日本人も皆知っているだろう。

    ココ・シャネルも同じような時代を強烈に生きた女性。

    19世紀末の生まれだが1971年迄生きた。ブランドCHANELの創始者。


    その頃のパリは強烈な女性が沢山居た様だ。

    美しいか不細工は個人個人で決める事。

    まあピアフはお世辞でも美しいとは言えない。声は素晴らしいが。


    外見は変わったがそれでも古い建物や街を残すパリに行きましょう。

    素晴らしい街です。

    シンガポールや北欧の様に綺麗ではない。しかし魅力ある街パリ。

    フランス語が話せればもっとパリの核心に近づけます。

    ココに紹介するオンライン学校で仏語をブラッシュアップ。

    自分が旅行の旅に毎回使う安全で便利なホテル予約サイトと格安航空券もご一緒に。

美食 健康 旅行

蕎庵 卯のや
2017.04.15
Gastronomie

蕎麦料理を落ち着いた雰囲気で

大通り裏に潜む是非外国人に紹介したい蕎麦レストラン

柯细女(店ではありません。友人の紹介です。)
2017.04.09
日本で頑張ってる外国人

四国と湖北省

小柯

Isel
2017.04.05
日本で頑張ってる外国人

ペルーのリマ出身 Isel Bustamante

I'm Isel Bustamante

ネス外国語会話 水道橋校
2017.04.03
仏語

安いだけじゃない。講師の質が高いか...

ネス外国語会話

Manabiba International school
2017.03.31
語学

そだつちからxそだてるちから

Manabibaまなびば